ダイレクトレスポンスとは(2)

ダイレクトレスポンスとは(2)
重要なこと:キー.jpg

マーケティングファネルとLTVと成約率


-----------------------
マーケティングファネル
-----------------------

リード(見込み客)
・オプトインページ
 無料料オファーと引き換えにメールアドレスを取得する
  
  
フロントエンド
・セールスレター1
 見込み客を顧客に転換する商品を販売する
  
 
バックエンド
・セールスレター2
 利益を上げることを目的とした商品を販売する






例えば、

1:リード:オプトインページでリードを集め
  100リード(100アクセスとも言う)

2:フロントエンド:セールスレター1で1万円の商品を販売
  10成約(10万円の売り上げ)
  ・・・リードの10%が成約する

3:バックエンド:セールスレター2で10万円の商品を販売 
  1成約(10万円の売り上げ)
  ・・・フロントエンドの10%が成約する

結果、20万円の売り上げとなります。


ここで、それぞれを改善してくということなんです。


例えば、
1:リード(オプトインページ)の改善
  リード数を上げる
  今まで、1日100アクセスだったものを、200アクセスにする。

  すると・・・

2:フロントエンド(1万円の商品をリードの10%が成約すると)
  20成約(200アクセス×10%=20)
  20万円(1万円×20成約)の売り上げとなります。

  そして・・・


3:バックエンド(10万円の商品をフロントエンドの10%が成約すると)
  2成約(20×10%=2)
  20万円(2成約×10万円)となります。


結果:フロントエンド20万円+バックエンド20万円=40万円の
売り上げになります。


つまり、オプトインページの改善で、
アクセス数が2倍(100→200)になった場合
売り上げは、20万円から40万円になります。


これが、コピーライティングの効果なんです。










この記事へのコメント